HOME症状から探す > 成分・作用

成分・作用

プロアントシアニジン

水溶性で強力な抗酸化作用を持つポリフェノールで、白内障の予防作用、デトックス作用(便臭軽減作用)等が報告されています。ヨーロッパでは、血管の若さを保つ医薬品として承認されています。

クルクミノイド

クルクミノイドはターメリック(ウコン)に含まれる黄色の色素で、「抗酸化作用がある」「肝臓に良い」などと言われています。また最近の研究では、白内障進行予防効果に関する報告があります。

アスタキサンチン

カロチノイドの一種で海産物の筋肉や体表に含まれています。脂溶性で強力な抗酸化作用を持っており、抗炎症作用等の報告があります。酸化ストレスや眼圧上昇による網膜障害の軽減作用が報告されています。

ビタミンE

脂溶性のビタミンで抗酸化作用があります。犬においては、ビタミンEの不足による網膜変性が知られています。

カシスアントシアニン

有色野菜や果物の赤紫色となる色素で、抗酸化物質のポリフェノールです。カシスに含まれるアントシアニンには、暗順応や視機能改善作用があると言われています。また、末梢循環の改善や緑内障における視覚障害の進行抑制作用があるとも言われています。

コンドロイチン・グルコサミン

関節や皮フに含まれるムコ多糖で、関節のクッション材や皮フの保水成分として知られています。

ビール酵母

ビールを製造するときに必要な微生物(酵母)です。ビール酵母には、①乳酸菌などの腸の働きに役立つ菌を増やす作用、②ビタミンB群、タンパク質、ミネラル等の栄養素やグルカン・マンナン等の食物繊維、核酸などが豊富、③必須アミノ酸9種全てを含む、等の特長があります。