HOME症状から探す > 成分・作用(ベジタブルサポートシリーズ)

成分・作用(ベジタブルサポートシリーズ)

ホエイたんぱく(BCAA(分岐鎖アミノ酸))

肝臓の働きを助けるだけではなく、筋肉のエネルギー源となる唯一の必須アミノ酸です。筋肉を維持するのに重要な役割を持っています。

かぼちゃ(β-カロテン、ビタミンE、食物繊維)

野菜の中では特に抗酸化作用に優れています。特にビタミンEは老化の原因になる「過酸化脂質」の生成を抑え、血液循環を良くする効果があります。

ブロッコリー(β-カロテン、ビタミンK、食物繊維)

機能性野菜の王様とも呼ばれ、抗酸化作用の働きが強いとされています。また、出血時の血を止めやすくする作用を持つビタミンKも豊富に含んでいます。

にんじん(β-カロテン、α-カロテン、食物繊維)

抗酸化作用の強いβ-カロテンが野菜の中でとび抜けて多く、さらに抗酸化力が強いα-カロテンも含まれ、細胞の老化や生活習慣病の予防に役立つとされています。

しいたけ(β-グルカン、ビタミンD、食物繊維)

多糖類のβ-グルカンやレンチナンを含有し、免疫機能増強も期待されています。乾燥しいたけに含まれるビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きがあります。

水溶性食物繊維

水分保持能力が強く、粘りのある状態となり、体内の不要な毒素などを体外に排出します。
整腸作用
コレステロール吸収抑制作用
糖質吸収抑制作用

不溶性食物繊維

腸のぜんどう運動を盛んにし、消化管内で水分を保持して便の量を増やすことで排便を促します。
整腸作用

L-グルタミン

栄養素を吸収する小腸の粘膜の健康を維持します。

オリゴ糖(ガラクトオリゴ糖)

腸の有用菌であるビフィズス菌、乳酸菌の栄養源になり、健康的な腸内フローラを維持します。

乳酸菌(KT-11)

乳幼児の腸内から発見された機能性乳酸菌です。からだを守る免疫力のバランスを維持します。

カツオエキス ※粒のみ

アミノ酸がバランスよく含まれており、特に必須アミノ酸のヒスチジンが多く含まれています。 ヒスチジンには下記の効果が報告されています。
成長を促進
慢性関節炎の緩和
ダイエット効果
脳神経の保護